前へ
次へ

ペット葬の具体的な流れを知ろう

ペット葬は一般の葬儀とともに、今や多くの人が利用している葬儀となっています。ペット葬の流れについては基本的には一般の葬儀とそれほど変わりはありません。すなわち、ペットが亡くなった場合、直ちに遺体を自宅へ運び、一般の葬儀の告別式に相当する儀式を執り行うこととなります。なお、自宅ではなく、葬儀会社に依頼する場合には、葬儀会社に遺体を運び、そこで儀式を執り行うこととなります。近年は自宅で行なうよりも、葬儀会社で執り行う傾向が多くなっており、葬儀会社も多く展開されています。告別式に相当する儀式が終了したら火葬場へ遺体を運び、火葬されることとなります。火葬については個別に火葬を行なう場合と、他のペットの遺体と合同で火葬する場合とがあります。そして火葬後は骨を壺に収める収骨を行ないます。骨壺は納骨堂や墓地に収められるのが一般的で、墓地には個別墓地と共同墓地とがあります。このように、ペット葬の流れはほぼ、一般の葬儀の流れと同一と言えます。

Page Top