前へ
次へ

ペット葬で経験して一番悩んだこと

今までペット葬を2回経験しているのですが、一番悩んだのが火葬方法です。合同火葬にすれば返骨ができないので、遺骨を持ち帰って自宅供養をするかどうかを家族ですごく話し合いました。特に重要になったのが子供の気持ちで、一緒に育ってきたので精神面のダメージがひどくて放心状態でした。そのため、ペット葬を予約するときに相談をしてみたところ、持ち帰らずにみんなと一緒に眠る共同のお墓に入れる方も多いとのことで、持って帰らないという選択をしました。最初の子は初めての子ということもあり、持ち帰りたい気持ちもあったのですが、小学生の子供が見るたびに泣いてしまうとの気持ちを考えてお寺でペット葬をお願いしました。次の子の時も同様に子供はつらいので持ち帰りたくない。お墓参りに来たいとの意見で、上の子が一人じゃ可哀相なので一緒のお寺にお願いしました。周りが自宅供養をしているのを見ると、持って帰れば良かったかなとも思いますが、今は子どもも大きくなり、多頭飼いの最後の子は自宅供養しようと言っています。持ち帰ることで悲しいことばかりを考えるなら、月命日に会いに行き、10年以上経って少しずつ会いに行く回数が減ったけど、楽しく思い出話ができる。それで良かったのかなと感じています。

Page Top